2017年01月23日

月9終了の戦犯となるか? !「突然ですが、明日結婚します」の裏事情


凋落著しいフジテレビですが、なかなかトドメが刺されませんね。
そのトドメとは、ずばり月9の終了。

「いいとも」が終了し、図らずもスマスマが打ち切り。
更にはニュース番組の大幅リニューアルも功を奏さず
どのジャンルの番組も視聴率が伸び悩み、それがスタッフや演者を萎縮させ
どんどん面白くなくなっていくという負のスパイラル渦中のフジテレビ。

ギネス掲載の看板長寿番組にメスを入れた割には
まるで視聴率獲得に貢献していない「月9」のドラマ枠は未だ聖域らしいです。
これは現社長の亀山氏がドラマ出身であるため、思い入れが強いから?
と素人目にも推察できますよね。

月9だけは死守していくつもりなのかと思いきや
少し雲行きが怪しくなってきました。

というのも2017年1月期の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」が
視聴率爆死確定とネットなどで取り沙汰されているからです。

そもそも1月期の月9ドラマは
「突然ですが、明日結婚します」ではなかったようなんですね。
実は、竹野内豊を主演にした企画が進行していたらしいのですが
主演内定をドタキャンされてしまったという記事が出ていました。

第一報では権利関係で揉めて竹野内が降板したとされていましたが
続報では竹野内が納得する企画が提示されなかったために降板、という形に
変わっていました。

権利関係で揉めるというのは契約条件が折り合わないとかそういう事ですよね。
でも、それが原因となると金に汚いと思われイメージダウン。
慌ててフジテレビ側の企画力の無さにフォーカスした記事を仕立てたようです。
まぁ、今のフジテレビならそれも納得ですけどね。

しかし、竹野内クラスですと、事務所サイドから「月9主演で何か企画出して」
と言う事の方が多かったりします。
芸能事務所が異常に強い日本の芸能界としては珍しいことではありません。
テレビ局側としては、事務所の方から言ってきたんだから竹野内が降りるなんて
あり得ない!と思ってる事でしょう。

そんなこんなでドタバタした結果、
全く別の企画でドラマを作らなくてはならなくなった訳ですが
確か竹野内降板のニュースが出たのは12月初頭。
通常は既にクランクインしてなくてはならない時期です。
フジテレビのホームページに1月期の月9ドラマのタイトルが載ったのは
既に中旬に入った頃だったと記憶しています。

という事は、オンエアまでほぼ1ヶ月で企画を立ち上げキャストを決めて
シナリオを書き上げ、撮影をして、編集をしなくてはいけません。
まぁ、無理ですわ。

おそらく「突然ですが、明日結婚します」のドラマ化作業は既にある程度進んでいて
竹野内降板があった為に、前倒し登板になったのではないでしょうか。
でなければ1ヶ月じゃ無理でしょ。

こんな酷い有様じゃあ、月9枠の終了も間近なのでは?
「突然ですが、明日結婚します」の視聴率が惨敗してしまえば
フジテレビへのトドメ、月9枠終了も現実味を帯びると思います。

主演の西内まりやは「数字を持ってない」女優さんですし
相手役の山村隆太はflumpoolとして紅白出場歴があるとはいえ
演技に関しては素人。
そもそもこの企画自体が「少女漫画原作」「結婚観を巡る恋愛もの」
ということで昨年の大ヒットドラマ「逃げ恥」の二番煎じ感が満載なんです。
なにからなにまで不安材料いっぱいですなぁ。

しかも山村隆太の事務所ってアミューズですよね。
アミューズといえば福山雅治。
月9史上最低視聴率を記録した「ラブソング」で主演してました。

……うわぁ。
なんだかアミューズに対しての罪滅ぼしなんでしょうかコレ。

でも「突然ですが、明日結婚します」の脚本家は
その最低視聴率ドラマ「ラブソング」の脚本家でもあります。

ひぃぃぃ。
アミューズが視聴率が悪かった時の予防線として
最低視聴率の脚本家を選んだんでしょうか。
どっちにしても、醜い責任のなすりつけあいが発生しそうですね。

そして、竹野内降板の代わりとばかりに同じ事務所の沢村一樹が
キャスト陣の中にシレーッと入っております。
更には主演の西内まりやと同事務所のタレントもバーターとして入ってたりして
なんだかもうこの期に及んでキャスティング主導のドラマ作りをしてるあたり
もうフジテレビの限界はとうに突破してしまってるんだなぁと思わせます。

クランクイン直前に主演俳優が降板したんだから、いい意味で開き直って、
有名無名問わずに、脚本に合ったキャスティングをすれば良かったのに
フジテレビは再生のきっかけを逃してしまいましたね。

さて、ドラマ「突然ですが、明日結婚します」ですが
ざっくり言いますと、敗戦処理!
って感じでしょうか。

数字持ってない女優と、事務所がねじ込んだ素人俳優。
企画は大ヒットドラマの二番煎じ。
事務所のしがらみまみれのキャスティング。
そして史上最低視聴率を誇る脚本家。
逆にこれでヒットしたら大したもんです。

このドラマの大惨敗を以て月9終了だったとしても
敗戦処理としては申し分のないパッケージ感ですよね。

とにもかくにも月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の視聴率が楽しみです。
まぁ、私は見ませんけどね。





posted by 犬儒 at 01:20 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。