2015年04月15日

イモビライザー義務化?!誰がトクするの?


政府は国内向け新車にイモビライザーの装着を義務化するかどうか
その是非について検討に入りました。

イモビライザーとは盗難防止装置の一種で
車のキーに内蔵された電子チップの認証コードを読み取る装置の事。
これにより、専用のキーでないとエンジンを動かす事ができなくなります。

イモビライザー普及がほぼ100%のヨーロッパでは
自動車の盗難がピーク時の約半分に減ったそうですから
確かに効果はあるようです。

日本においては高級車を中心に普及が進み、
今ではかなりの車種にオプション装着されるようになっていて
普及率は80%となっています。

これをオプションではなく義務化する事により
自動車盗難件数を減らすための法制化議論が始まる訳ですが

これ、一体誰がトクするんでしょうね。

イモビライザーを取り付けたとしても
イモビカッターでエンジンをかける事ができるので
結局、あってもなくても一緒です。

イモビライザーの普及が100%になったら
自動車窃盗犯たちもイモビカッターの普及が進んで
盗難防止には役立たなくなるんじゃないでしょうかね。

そもそも自動車盗難件数は減っております。
2003年の64223件がピークで、それから減少基調で
昨年2014年には16204件と4分の1にまで減ってます。

じゃあ、なんで今更イモビライザーの義務化?
ってなりますよね。

このイモビライザー義務化に関しては
日本損害保険協会が内閣府の規制改革会議に要望し、
規制改革会議を通して国交省に対応を求めて
今回の法制化議論となったそうです。

なるほど、盗難で保険金支払うのがイヤな保険会社が
規制改革会議に相談して、国交省に話が行ったと。

この規制改革会議って、民間人の集まりなんですよね。
そしたら利益誘導しまくりなんじゃないですかね。
このイモビライザー義務化に関しても
そんな臭いがプンプンします。

さて、イモビライザーの義務化ですが
ざっくり言いますと、利権が欲しいんでしょ?!
って感じでしょうか。

もっともらしく自動車盗難防止を名目にしてますが
結局は色んな所が利権目当てで規制改革会議を使って政府を動かしてんです。

なんとかして国からカネを引き出したいんですよ。
そしてイモビライザー義務化によって新たな利権が生まれる訳ですわ。

イモビライザーキー作成作業の端末や部品、それらに関する情報は
海外のメーカーが握ってるようですので
そこら辺からの圧力を日本損害保険協会を代理に立てて
どうにか日本の市場にねじこもうとしている。
そんな所じゃないでしょうか。

おそらく規制改革会議の誰かとは話が通してあっての事だろうと思います。
もしかしたら規制改革会議の誰かの方に先に話がきたのかもしれません。

そして日本損害保険協会に要望を出して欲しいと話をもっていって
自分でその要望を受け取るっていうマッチポンプ方式で
国交省を動かすと。

そういえば規制改革会議のメンバーには
フューチャーアーキテクトの社長・金丸恭文が名を連ねてます。
竹中平蔵や三木谷浩史なんかと仲がいい、と言えば
何をか言わんや、って感じでしょうか。

規制改革といえば聞こえはいいですが
今までの利権構造を壊して
新しい利権構造を作るだけなんじゃないの?

だったら規制改革会議なんて全く必要ありません。
さっさと解散しろ。

我々の大切な税金をどうやって分捕ろうか考えてる連中は
早々に規制改革会議から退場して欲しいものです。

あと竹中平蔵は、早く草葉の陰に隠れて下さい。
さもなくば政府に一切関わるな。害毒です。

個人的な意見ですが、
イモビライザー義務化がされると
自動車価格に影響するのは必至ですので
オプションのままの方がいいと思います。
皆さんはどう思われるでしょうか。




posted by 犬儒 at 22:34 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。