2015年04月14日

カズ大人の対応!張本の暴言を激励と受け止め発奮!


4月12日「サンデーモーニング」において
張本勲がキング・カズに引退勧告をして話題になりましたが
ネット上でも、張本発言に対しては
色んな角度から批判が集まりましたよね。

結果を残しているカズに対して失礼過ぎるだとか、
そもそもサッカーの仕組みがわかってないだとか
散々な叩かれようでした。

張本勲はネットを見ないでしょうから
そんな批判はどこ吹く風。
TBSも上手い炎上商法のやり手をつかまえたもんです。

私がアスリートなら公共の電波を使って
「スポーツマンとして、もう魅力がない」
などと言われたら激怒しますよ。

しかしカズはさすがにひと味違いました。
問題の張本勲の発言をネットで確認したというカズは
スポーツ報知の取材に答えて
「もっと活躍しろと言われてるんだなと思いました」と発奮。
張本勲の引退勧告の真意を
「これなら引退しなくていいよと言わせてみろ」
と尻を叩くつもりだと受け止めたそうです。

んー、前向き!

悪意と稚拙な見地がないまぜになった張本勲の妄言を
こんなにも前向きに捉えて自らの発奮材料にできるからこそ
48歳にしてピッチに立てるんですね。

発奮って聞き慣れない言葉ですが、
何かに刺激され、心を奮い立てる事だそうです。

なるほど、様々な批判にいちいち凹んでたらダメなんですねぇ。

さて、カズの発奮発言ですが
ざっくり言いますと、人間の出来が違うなぁ
って感じでしょうか。

カズは引退勧告に関して
「激励だと思いこれからも頑張ります」と自らの糧としましたが
張本勲本人に対しても
「王さんと組んでものすごい活躍した事を覚えている」
とリスペクトしている姿勢を崩しませんでした。

んー、立派!
そこにシビレる憧れるぅ。です。

巨人軍は紳士たれ、なんて寝言を言ってる球団がありますが
本物の紳士はカズの様な人を言うんですよね。

そして、だからこそベテランから新人まで
カズの事をリスペクトしてるんだと思います。

これからもカズがプレーする姿を見守っていこうと思います。




posted by 犬儒 at 15:52 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。