2015年04月12日

J2は2軍!? 張本勲がキング・カズに引退勧告!


野球評論家の張本勲は度々問題発言を繰り返し
ネット上で批判が飛び交う事態を巻き起こしますが
4月12日、畑違いのサッカー界に口出しし、
またもや批判が殺到しております。

その内容はと言いますと、
12日のTBS系朝の情報番組「サンデーモーニング」で
キング・カズこと三浦知良選手に対して、
「もうお辞めなさい」と引退勧告をしたんですね。

そこで司会の関口宏がわざとらしく驚いて見せ、その理由を聞きますと
何と張本勲は「スポーツマンとして、もう魅力もない」
と言い捨てました。更にカズがJ2のチームに所属している事に触れ、
「野球でいえば2軍だから、2軍で頑張ってもそんなに話題性もない」
と、クソリアリズムの自説を披露。

更に「若い選手に席を譲らないと。伸び盛りの若い選手が出られない」
と、正にブーメランな発言でカズへの引退勧告を締めました。

発言全てに突っ込みどころがあって
どうにもこうにもな人ですな。

まず、スポーツマンとして魅力がないというのは張本勲の主観だけで
客観性は微塵もありません。

そして、J2が野球でいえば2軍、というのも全く違います。
J2はJ2というリーグなんです。
例えばジャイアンツの2軍がいくら強くなっても
チームごとセ・リーグに参加して戦えませんよね。
野球の2軍は「ファーム」と言われるように
1軍へ上がる為の「農場」扱い。酷いもんです。

そんな選民思想や差別意識の色濃く残る野球界に長年携わってきたからこそ
キング・カズが今なおプレーするスゴさも理解できないし、
専門外の競技に対する知識習得もしないし、
思いつきで他者を貶める事ができるんですなぁ。

知らないなら他のスポーツの事に口を挟まないで欲しいですね。

それに、2軍で頑張ってもそんなに話題性もない、っていいますが
話題性がなきゃプレーしちゃいけないんでしょうかね。
ホント、傲慢ですよね張本勲て人は。
一線で活躍してマスコミに取り上げられ稼げるスター選手でなければ
存在する意味が無いと言ってるんですよ張本勲は。
正に結果だけ欲しがる在日半島人の典型ですわ。

で、ラストが「若い選手に席を譲れ」とは前述通りブーメラン発言です。
張本勲ほど老害を晒してるコメンテーターも珍しいですよね。
早く、後進に席を譲って欲しいものです。
ついでに言いますと、カズを押しのけてレギュラーが取れないような
そんな若手に席を譲っても、チームとしてはダメでしょ。
譲られた若手も選手としては忸怩たる思いでしょうよ。

さて、張本勲のカズへの引退勧告ですが
ざっくり言いますと、お前が引退しろ!
って感じでしょうか。

今でこそ当たり前のように張本勲が「喝!」とか「あっぱれ!」
とか言ってますが、そもそも、それは大沢親分が言ってたものです。

それを横に座ってた張本勲も便乗して言うようになったんですよね。
で、いつの間にか、本家の大沢親分より先に言っちゃう場面が多くなり
そのうち、大沢親分がお亡くなりになると
あたかも最初から自分のものだというふうな顔で「喝!」と言ってます。

これ、半島人お得意の「背乗り」に似てますな。
いつの間にか自分のものにしちゃってる。
盗人猛々しいとはこの事です。

早々に草葉の陰に隠れて欲しいものですな。



posted by 犬儒 at 23:27 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。