2015年01月12日

「いきなりステーキ」快進撃!ペッパーランチの不祥事払拭なるか?


1月11日、テレビ朝日の深夜番組「初めて◯◯やってみた」で
外食チェーン「いきなりステーキ」が取り上げられ話題となっております。

余りに美味しそうだという事で、サイトにアクセスが集中。
一時、サイトが落ちてしまう程でした。

いきなりステーキは、その名の通り店に入ったら
イスに座る間もなくいきなりステーキが食べられるシステムのお店。
つまり、立ち食いステーキなんですね。

ステーキ以外のメニュー、ライスやサラダ等を注文したら
カット場へ向かいます。
そこで食べたい分量をお店の人に伝えると、
その場でお肉をカットしてくれて炭火でジュ−ッと焼いてくれる訳です。

前菜やスープが出て来て、ようやくステーキではなく、
いきなりステーキを食べられるというのは、肉好きの人には嬉しいでしょうね。

2013年の12月に1号店がオープンして
早くも30店舗を構える程の大躍進を見せております。

どうやら「俺のイタリアン」の成功を見たペッパーフードサービスの社長が
これはステーキでもイケる!とパクり…じゃなくてインスパイアされて
いきなりステーキを開店したという事みたいですね。

ん?

ペッパーフードサービスと言ったら
悪名高い、ペッパーランチの経営会社じゃないですか。

ペッパーランチは2009年8月に、
成形肉の角切りステーキが原因で集団食中毒事件を起こした事があります。
その数、11都府県に渡り23人!
疑いがある被害者も含めると33人になると発表しました。

被害者といえば、ペッパーランチ絡みの被害者で印象深いのは
2007年5月の強盗強姦事件の被害者でしょうね。

大阪のペッパーランチ心斎橋店を訪れた20代の女性客は
店内で1人で食事をしている最中に、
閉店作業を装い店のシャッターを閉められます。
そして店長と店員にスタンガンで脅されると
大量の睡眠薬を飲まされ、店外に拉致されてしまいます。

女性は貸しガレージ内で強姦され、現金を奪われると
全裸のまま手足を縛られ、監禁状態にされます。

監禁状態にしたのは再び強姦する為で、
身元を隠さず犯行に及んだのは、
その後女性を殺すつもりだったと考えられております。

で、犯人のペッパーランチ店長と店員は何食わぬ顔で出勤するんですが、
幸い、女性はその間に、自力で脱出して事件は発覚したんですが
不思議な事にマスコミではほとんど報道されてませんよね。

犯人である店長の北川は、左右対称の苗字を持つ男ですし
肉を扱う店っていったら、川向こうの方達が絡んでるのでは…
と推測すると、面倒な方達のダブルコンボな訳です。

そして「いきなりステーキ」のメディア露出の激しさからして
ペッパーフードが、かなりの金をマスコミ対策として
投下してるのはアホでもわかりますわな。

ヨイショしてくれるだけでなく、
マズい事があれば穏便に済ませてもらう為です。

つまり、まあ、そういう事で
半島案件と川向こう案件にメディア対策費が絡めば
マスコミも初報だけで後はスルーしてしまうって訳ですわ。

で、そんな企業風土の店に行きたいかと言ったら
私は行きたくありませんな。

そもそもメディアと癒着して急成長するような企業は
胡散臭いので、信用しない事にしております。
あくまで個人の感想ですので、
判断は皆さんにお任せしますけどね。

さて、いきなりステーキですが
ざっくり言いますと、急いで食ったら消化に悪いぞ!
って感じでしょうか。

日本人の胃腸も欧米化したんでしょうかね。
ランチにステーキを立って食うなんてワイルドですな。

私には無理ですわ。
胸焼けしそう。
お昼は蕎麦がベストな感じです。


posted by 犬儒 at 02:15 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック