2014年09月30日

光市母子殺害事件の実名掲載は適法


1999年に光市母子殺害事件が起こりましたが
犯人の福田孝行は、当時18歳である事を理由に
氏名は伏せられて報道されておりました。

しかし、2009年に出版された本で
実名や写真が掲載されたんですね。

これに対して犯人の福田孝行はプライバシーを侵害されたとして
出版社と著者を相手どり、出版差し止めと賠償を求めて訴訟を起こしました。

すると何と地方裁判所は出版差し止めこそ認めないものの、
肖像権やプライバシーの侵害を認め
66万円の支払いを命じました。
驚きですよね。

光市母子殺害事件は残忍、残酷な手口で有名ですが、
凄惨な手段で人の命を奪っておいて何の反省も無いままに
プライバシーの侵害も何もないもんです。

福田孝行は出版差し止めが認められない事を不服として
上告したんですが、さすがにこんな請求は認められないと
広島高裁は、賠償をも棄却する判断を下します。

なおも食い下がる福田は、とうとう最高裁判所に上告したんですが
9月25日、とうとう最高裁はこの上告を棄却。
実名掲載について違法性は無いとした広島高裁の判決が確定しました。

今まで福本孝行と書いてきましたが、
実は今の苗字は「大月」に変わっているそうです。
調べましたら、福本孝行の支援者である大月順子と養子縁組したとの事。
なんで、養子縁組?と思って調べましたら、

大月順子は日本キリスト教協議会に所属しており、この団体の住所は
例の「新宿区西早稲田2−3−18」にあります。
在日韓国人の反日活動団体の巣窟として有名な住所ですよね。

大月は福田孝行が未成年であることから
いつか出所するものとみて、養子縁組で苗字を変えて
のうのうと暮らす準備を整えてあげたかったという訳です。

ざっくり言いますと、同胞をかばってるという事ですね。

確かに福田孝行の写真を見ますと、まぁ、そのものといった顔つきです。
死姦する癖がある民族といったら、かの国くらいですから
なるほど、納得です。

それより驚いたのが、光市母子殺害事件の被告・福田孝行が
いまだに死刑執行されてなかったという事です。

頭のおかしい殺人者を私達の税金で養ってるのは
どう考えてもおかしい話です。
一刻も早く執行される事を願っております。

つか、冤罪の可能性のない死刑囚は全てサクサク執行して欲しいです。
執行刑務官の精神的負担が大きいというのなら
私がいつでもボタンを押しにいきます。




posted by 犬儒 at 11:22 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月29日

「昼顔」注目女優・木南晴夏がワンオクRyotaと熱愛


大きな話題となったフジテレビのドラマ「昼顔」ですが
最終回は16.5%と好調のうちに終わりました。

その「昼顔」で注目された女優・木南晴夏が熱愛スクープです。
お相手は海外での評価も高いロックバンド・ONE OK ROCK の
ベーシストRyota。

木南晴夏は元々ワンオクのファンだったそうで
役者仲間を通じての食事会でRyotaと出会い、交際が始まったようですね。

ワンオクのライブで木南晴夏の目撃情報が多数あり、
二人の交際は結構オープンだったみたいですし、
ライブの打ち上げにも参加するなど、
関係者の間では既に公認のカップルだったとの事。

この時期に熱愛報道が流されたという事は
「昼顔」で話題になってるうちに売り込んでおけ、という事でしょう。

「昼顔」といえば、ネットを眺めていると
放送日になるたびに話題になってた印象があります。
視聴率も良かったですし、長らく視聴率が取れない女優と言われた上戸彩は
ホッと旨をなで下ろしたんではないでしょうか。

しかし、この手のドラマ、昔から昼ドラのモチーフでしたよね。
いつも思うんですが
なんで女性は自分の不倫を純愛と言いはって美化するんでしょうか。
ざっくり言って、ただヤリたいだけでしょ。
ときめきが欲しいとか言ってるけど、ただヤリたいだけですよね。
性欲を恋愛だと勘違いしてるだけですよね。
しかし、女性は決して認めません。
男の性欲は汚いもので、自分の性欲は純愛です。
なんだかなぁ。
と、阿藤快ばりに嘆きたくなります。

さて、木南晴夏ですが
10月9日からは舞台が上演、11月には出演映画の公開が2本待機してます。
ざっくり言えば、番宣込みの熱愛報道のようですね。

posted by 犬儒 at 17:13 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラム国への空爆拡大で泥沼化

イスラム国と言えば、
捕虜に残虐非道な仕打ちをする事で
世界各国から批難を受けてますが
アメリカ軍からは空爆を受けております。

イスラム国は名前こそ「国」ですが
実態はイスラム教スンニ派の武装勢力なんですよね。
国としての体をなしてない訳で
それに対して空爆をして果たして効果があるんでしょうか。

イスラム国勢力の根絶はできないとして
何もせずに手をこまねいてる訳にはいかない、というのが
本音なのではないでしょうか。

反イスラム国としての有志連合が欧米中心に結成され
26日には、イギリス議会においても
イスラム国に対する空爆が承認される事となりました。

中東のイニシアチブを守ろうと躍起になってるアメリカですが
今まで傍観を決め込んでいたシリア内戦に
図らずも足を突っ込んだ形となりました。
しかも突っ込んだ先は泥沼です。s

いつも思うんですけど、
なんで欧米が中東のあれこれに首突っ込むんでしょうね。
石油利権があるから口出さずにはいられないって事なんでしょうか。

捕虜の首を斬っちゃうような過激派武装勢力なんて
触らぬ神に祟りなし、とばかりに距離を置くのが得策ってもんですが
国際政治だの、石油利権だの、そういうの絡んじゃうと
首を突っ込まずにはいられないんでしょうかね。
突っ込んだはいいが、斬られなきゃいいんですけどね。

そういえば田原総一郎が、このイスラム国に関して
日経BPに記事を寄稿しておりまして
曰く「イスラム国は世界の全共闘である」だそうです。
全共闘世代の人々は、我田引水傾向が高めですが
ここまでくると何が何だかわかりません。
ざくっと要約すると
デカい相手に対して少数精鋭が原理を振りかざし戦いを挑んでる構図は
かつての我らと一緒だよね、
…的な感じでしょうか。

宗教もイデオロギーも
自分一人で静かに嗜んでいればいいのに
なんで周りの人達にも伝播させたがるんでしょうか。
はた迷惑ですな。

さて、イスラム国ですが
空爆だけで掃討する事は困難であるという見方が大勢です。
そのため、アメリカの戦略としては、
同じスンニ派を国家権力に参加させ、地域支配を担保する代わりに
イスラム国と敵対させて、勢力を削ぐ方法が取られ始めている様です。
同じスンニ派なら、残虐非道な過激組織よりも、
穏健派の方に収束してくれた方がいいですもんね。

なにはともあれ、一刻も早く事態の収拾が図られる事を祈ります。

posted by 犬儒 at 01:02 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。